著述家の視点 岸朝光のブログ

著述家の岸朝光が、社会でおこる様々問題を取り上げ、独自の視点で考察します

働く人の一助になりたい ~ブラック企業に苦しむ人々へ~

私は労働と社会保険に関する国家資格である、社会保険労務士資格を有しています。


取得した直後は、資格試験の学習の際に得た知識を活かして、労働者から数多くの相談を受けていました。特に労働者支援団体の相談ボランティアに参加していた時期は、月に10件前後の相談を受け持ったこともありました。
ところが最近はボランティアに参加していないために相談を受けることがめっきりと減り、資格を有している意味が果たしてあるのかと考える日々を過ごしています。
しかし相談を受ける件数が減っただけで、現在も職場での苦しみを私に相談してくれる人はおります。特に労働条件が納得いかないという相談は後を絶ちません。


「何か働く人に役立つかたちで情報発信はできないだろうか」


そんなことを考えていた矢先「はてなブログ」を始めたのですから、このブログを通じて、働く人の一助となる情報を発信したい。そう思い、今後は労働問題とその対策を中心に記事をアップすることにしました。

昨今は「ブラック企業」という言葉が広く使われるようになり、働く人も自身の労働条件がブラックであることに気づきはじめています。しかし専門的な知識がない方は、今の職場がブラックであることに確信が持てていません。
労働問題の知識を有する専門家が、「その職場環境はブラックです」と発信することで、ブラック企業に苦しむ方の気持ちのモヤモヤや、ハラスメントのアルアルに確信を与えることができます。

今この瞬間も苦しむ人々が、私の持つ知識で助かるのならば、不定期でも情報発信していく意味があるはずです。

 

「働く人の一助となりたい」

 

その気持ちをこのブログを介して実現していきます。
今後更新する記事のすべてが労働問題ではありませんが、可能な限り働く人が役立つ情報を記事にしていきますので、当ブログをよろしくお願いします。